すっぽんコラーゲンの魅力

すっぽんてまずい?

精力がつく、滋養強壮などで知られているすっぽんですが、やはり「亀」というイメージが強いため、不味そう、青臭そう、食べるには抵抗があると思う方も多いのではないかと思います。


ですが、すっぽん好きな方々は、はまると癖になるといいます。


また、すっぽんは高級食材として扱われており、すっぽん料理の専門店もたくさんあります。


そこで、今回はすっぽんの味や各部位の調理方法などについて、お話します。

すっぽんはどんな味?

すっぽんの身は鶏肉に似た淡白な味がします。


鍋や唐揚げなどにすると、とても美味しい食材です。


身や心臓を刺身にして生のまま食べることも出来ます。


旨味が強く、火を通した時よりも味が濃く歯ごたえがあり鍋や唐揚げ以上に美味しく食べられます。


エンペラはコラーゲンがたっぷり含まれているためプルプルとした食感で、旨味もありとても美味しいです。


鍋にした後の汁で雑炊を作ると、すっぽんから出た出汁が効いていて旨味の強いとても美味しい雑炊になります。


また、スープとして飲んでも、かつおや昆布などから採った出汁やコンソメなど以上に美味しいスープになります。



また、生き血もそのまま飲む方も多いです。


味についてやはり血ですから生臭さはあるといいます。
鼻をつまんで一気に飲み干し活力をつけるのです。
飲んだ後は口に青臭さが残るため、お酒や水を飲んだりする方も多いです。



このようにすっぽんはあらゆる部位が食材として使われており、高級食材として有名なフグにも劣らない味だといえる食材です。


しかし、そこにはやはり新鮮さや、調理する方のさばき方、臭みの取り方が重要になります。


さばく方の腕によって味はかなり違ってきます。


また、どれだけ新鮮であるか、丁寧に捌いたかということも、すっぽんを美味しい料理にするための重要なポイントになります。


逆にいえば、捌き方が雑で下処理をきちんと行っていなかったり、新鮮なうちに調理しなかったりすると、生臭さが鼻について、とても食べらたものではなくなってしまいます。


これは、すっぽんだからという特別なことではなく、どの食肉や魚などにもいえることですから、高級食材といわれるすっぽんの味を活かすも殺すも、やはり調理する方の腕によるといえます。

すっぽんを美味しく食べるには

すっぽんは捕獲した後、しめる寸前まで大きなタライや、家庭で調理する場合にはお風呂などに水を張りすっぽんを入れておきます。


2〜3日そのままにした方が泥抜きができ、臭みが抜けます。


捌いた後は臭みの原因となる体表の薄皮を剥がし、内臓や肉はよく水洗いします。
ここは特に重要なポイントです。
きちんと薄皮を剥がしたか、どれだけ丁寧に水洗いしたかによって美味しくなるか、青臭くなるかを分けると言っても過言ではないのです。



特に刺身は生で食べるものですから、丁寧に扱うことが大切です。


また、捌いた後、酒やワインなどに漬け込むことで、更に臭みが抜け、旨味もUPします。



特に生き血はそのまま飲む方も多いですが、日本酒や赤ワイン、オレンジジュースなどで割る方が飲みやすくなります。

すっぽんは、男性が精力をつけたい時に食べたり、病中病後の滋養強壮のために食べられることが多かった食材ですが、ここ最近では、美容、ダイエット、アンチエイジングなどに効果があるということから、女性からも注文される食材になってきました。


また、すっぽん料理のチェーン店などもあり、手頃な価格でコース料理を食べることも可能になりました。


男性がいれば家庭で調理することも可能で、捌き方の動画などもUPされています。


抵抗なく食べやすい鍋や雑炊、唐揚げなどから、すっぽん料理をチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る