すっぽんコラーゲンの魅力

高分子コラーゲンとは?

コラーゲンには高分子コラーゲンと低分子コラーゲンの二種類があります。
コラーゲンは美肌効果やアンチエイジング効果が高いとして大変人気がありますが、低分子コラーゲンと高分子コラーゲンではそれぞれが持つ効果に違いがあります。
また、低分子コラーゲンは人口的に作られたものであるため、天然由来の高分子コラーゲンを推奨する学者さんもいます。
客観的な視点から考えると使用目的によって使い分けることが効果的ではないかと思います。

高分子コラーゲンと低分子コラーゲンの違いとそれぞれのメリットとデメリット

高分子コラーゲンは自然に存在する成分です。
体内に存在するコラーゲンは18種類のアミノ酸によって構成されています。
その形はアミノ酸の分子が三本の繊維状となってロープのように連なっていることが特徴としてあげられます。
これをアミノ酸配列といいます。
高分子コラーゲンの特徴としては凝固性があり、液状状に溶かしてから冷やすとゼリーのよう固まるためゼラチンの代用品としても使用出来ます。

メリット、効果としては、高分子コラーゲンを摂取すると、その一部は消化されずにアミノ酸配列がそのままの状態で腸から吸収されますが、この時に体内の免疫力システムが高分子コラーゲンを異物と認識するため、その刺激によって細胞が活性化し、免疫力が高まる効果があるといわれています。
また、高分子コラーゲンは保湿力に優れており、高分子コラーゲン配合の化粧水や乳液、美容液、フェイスマスクなどを使用することによって、肌の乾燥を防ぐほか、弾力やハリ、艶を取り戻す効果があります。
ただし、分子量が大きいため、吸収されるまでに 時間がかかること、同様な理由から肌の角質層までは浸透しないことがデメリットであるといえます。
*肌の角質層まで成分を浸透させるためには、分子量が500ダルト(分子量を表す単位)以下であることが条件となります。

一方、低分子コラーゲンは高分子コラーゲンをペプチド加工(二つ以上のアミノ酸が結合したもの) したものです。
この加工工程でアミノ酸配列がバラバラになるため、凝固性が失われます。
このため、自然由来そのまま吸収される高分子コラーゲンの方が栄養成分としては、より有能であるといわれることもあります。
ですが、低分子コラーゲンは吸収が非常に早く、分子量が500ダルト以下であるため、肌の角質層まで浸透するというメリットがあります。

また、シワ、たるみ、くすみを防ぐ効果があるといわれています。
高分子コラーゲンと低分子コラーゲンには大きな違いとメリット、デメリットがありますが、それぞれの良さを活かすことが適切です。
また、目的と使用方法によって、使い分けることがより効果的になります。
体質改善や免疫力UP、肌の保湿などには、高分子コラーゲンを含む食品やサプリメントなどの摂取と、コスメアイテムなどの使用。
シワ、たるみ、くすみなどの予防や改善には低分子コラーゲンを含むコスメアイテムなどの使用が適しているといえるでしょう。

また、浸透性に特化して考えた場合には、化粧水や乳液、フェイスマスク、ボディクリームやローションなど浸透性を重視するアイテムには低分子コラーゲン。
パックや美容液、ナイトクリームなど保湿性を重視するアイテムには高分子コラーゲン配合のものを使用するのがより効果的だといえるでしょう。
双方の特徴と効果をよく理解した上で選ぶようにしましょう。

高分子コラーゲン摂取にはすっぽんがオススメ

高分子コラーゲンが自然由来の成分であることは先にもご説明しましたが、自然の中でも動物から摂取出来る成分です。
肉や魚など様々な動物から摂取出来ますが、一品だけで身体に必要な栄養素のほとんどを摂取出来、健康維持や免疫力UP、アンチエイジング、美肌効果、便秘解消、ダイエット、あらゆる病の予防や改善などに効果が高いといわれているすっぽんがオススメです。
料理として食べるほかにも、サプリメント、コスメなどにも使用されていますので、手軽に取り入れることが出来ます。

また、食材としては大変高価で、高級食材として扱われていますが、サプリメントやコスメアイテムなどは手頃な価格で購入出来ますので、ぜひ試してみて下さい。

高分子コラーゲンは人間の体内でも生成される成分ですが、加齢やストレスなどによって生成されにくくなります。
健康維持にはもちろんのこと、若々しさと肌や髪などのハリや艶を保つためにも、積極的に取り入れたい成分です。
商品の成分表記欄に高分子コラーゲン(ペプチド)と記載されていますので、確認の上、購入するようにしましょう。

ページのトップへ戻る